IPO研修所は、日本マネジメント団体連合会付属として新規上場のためのコンサルタントを養成し且つ新規上場を予定している企業の担当者を育成しています。

事業(セミナー)

三種類のセミナーを行っています。

一つは、
行政書士のファイリング・エージェント(IPOコンサルタント)を養成し、行政書士法を順守するIPO環境を定着させたいと考えております。
財務局等の行政庁に対する手続きを代理する業務を業として行うのは行政書士の資格が必要です。IPO研修所は、新規上場申請及び有価証券報告や四半期報告の手続のできる行政書士を養成しています。
行政書士の卒業生は、行政書士R.F.A.有限責任事業組合に登録して頂きます。

二つは、
新規上場担当者教育訓練を行っています。新規上場を進める企業の社員教育については新規上場手続き担当部門の社員及び管理者の教育訓練を行います。

三つは、
新規上場を目指す企業の一般社員及び一般管理者の教育訓練を行います。


講師は、
証券アナリスト、公認会計士、ファイリング・エージェント、IPOコンサルタントが担当します。

教育訓練の方法は、研修室でのセミナーと出張セミナーを選択または併用で行っています。
現在は、毎週土曜日に中野と町田で交代で研修を行っています。

 

テキストのコピーはできません。